12/18ソーラー台帳報告会のご案内

クリックで拡大
クリックで拡大

多摩エネ協は12月18日、「多摩市消費生活フォーラム&エコ・フェスタ2021」内の自主企画イベントとして、「多摩の青空からエネルギー! ソーラー台帳報告会」を開催します。

2020年の多摩市気候非常事態宣言で謳われた「2050年までにCO2ゼロ」の目標を前に、では実際に市内で太陽光、太陽熱利用はどの程度普及しているの?という素朴な疑問から「地球環境 ソーラー台帳プロジェクト」がスタートしました。恵泉女学園大学の学生さんたちの協力も得て取り組んだこのプロジェクトについては、すでに当サイトで報告したように、多摩市から表彰され朝日新聞と東京新聞、タウンニュースからも記事で取り上げられました。

多摩市内のすべての建物の屋根を学生と市民が調べた、全国に例のない調査活動です。12月の報告会では、結果報告をもとに、これからについて検討する機会になることを願っています。

12月18日(土) 14:00~15:30 ベルブ永山(永山公民館)4階集会室

登壇者:市ノ瀬 聡さん(多摩市環境政策課 地球温暖化対策担当課長)
秋元 孝夫(多摩循環型エネルギー協会理事)
プロジェクトに貢献した恵泉女学園大学の学生

※参加費無料・申込不要 直接会場へお越しください。
※学生参加者限定特典:『日本のSDGs それってほんとにサステナブル?』(高橋真樹著)をプレゼントします。冊数に限りがあり、先着順とさせていただきますので、希望される方は事前にお申し込みください。

主催:一社)多摩循環型エネルギー協会
問い合わせ:info@tama-enekyo.org  070-5369-0230

SDGsセミナー&セッション、盛会でした

【11/12更新】写真を追加しました。

11月6日、多摩市市制施行50周年記念 SDGsセミナー&セッション「50年後も持続可能な多摩市のために、私たちがいま始めること」を開催し、大勢の方々にご参加いただきました。週末の貴重なお時間を割いてお集まりいただいたこと、心より感謝申し上げます。

以下は当日会場での写真です。

基調講演を行ったライターの高橋真樹さん
基調講演を行ったライターの高橋真樹さん(クリックで拡大・以下同)
大日向雅美・恵泉女学園大学学長
大日向雅美・恵泉女学園大学学長
阿部裕行・多摩市長
阿部裕行・多摩市長
桃井和馬・多摩エネ協代表
桃井和馬・多摩エネ協代表
第2部パネルディスカッション
第2部パネルディスカッション

11-6event-4

(左から)高森理事、高橋真樹さん、阿部市長、山川満喜さん(東京都立三鷹中等教育学校 1年)、レイエス クリスティーナさん(恵泉女学園大学3年)、高橋清貴・恵泉大教授
(左から)高森理事、高橋真樹さん、阿部市長、山川満喜さん(東京都立三鷹中等教育学校 1年)、レイエス クリスティーナさん(恵泉女学園大学3年)、高橋清貴・恵泉大教授

多摩エネ協のFacebookページにはさらにたくさんの写真を投稿しています。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/tamaenekyo/posts/1786340308220385

また、会の冒頭で当協会の高森理事が使用したプレゼン資料のPDF版を共有します。以下のリンクをクリックしてブラウザ上でご覧いただくか、右クリックでダウンロードしてご利用ください。

多摩エネ協 高森理事 プレゼンPDF

朝日新聞と東京新聞が「ソーラー台帳」表彰を報道

先日の投稿で、多摩エネ協と恵泉大の「ソーラー台帳プロジェクト」が多摩市から表彰されたことを報告しました。

当日の表彰式には報道機関の取材も入り、東京新聞と朝日新聞が記事で報じました。

東京新聞10月14日付朝刊(クリックで拡大) 
東京新聞10月14日付朝刊(クリックで拡大)

続きを読む 朝日新聞と東京新聞が「ソーラー台帳」表彰を報道

多摩エネ協・恵泉大の「ソーラー台帳プロジェクト」、多摩市から表彰

507A5223集合s

多摩エネ協は2021年6月、「地球環境ソーラー台帳プロジェクト」を開始し、恵泉女学園大学の学生と協力して市内の太陽光パネル設置状況の調査を行いました。オンライン地図の航空写真データから、対象地域の住宅屋根に設置されたソーラーパネルの台帳を作成し、太陽光発電の発電能力の合計を推計しようというものです。

この調査結果を多摩市の環境政策へ活用してほしいとして、多摩市環境部にデータを提供したところ、10月5日、「市の環境行政に大きな貢献を行った」として、阿部裕行市長から「環境感謝状」が授与されました。
続きを読む 多摩エネ協・恵泉大の「ソーラー台帳プロジェクト」、多摩市から表彰

多摩で自然エネルギーの普及を目指す市民参加の取り組みです。