【7月エネカフェのご案内】写真家・桃井和馬スペシャルトーク

スペイン サンチャゴ巡礼道
行動する「市民力」と、実践する「安全保障」/手渡されたバトンを、次の世代に引き渡す

クリックで拡大
クリックで拡大

現在、私たち多摩エネ協が派遣した本田悠喜くんが、自転車で日本一周の旅に出ています。本田くんは、今年2月、「サンチャゴ巡礼道」を歩いた若者です。なぜ彼は、サンチャゴ巡礼道を歩き、なぜ彼は、今、自転車での日本一周の旅に出たのでしょうか。そのヒントを、ヨーロッパの近代史から紐解きます。

ユネスコの世界遺産「サンチャゴ巡礼道(サンチャゴ・デ・コンポステーラ)」は、市民力で引き継がれている道です。世界中から集まる年間25万人の巡礼者を、温かく迎え入れてくれる町や村の人々。

たとえばスペインにおいては、その背景に、1930年代、激しい内戦を経験し、真っ二つに分裂した経験があったのです。

和解する知恵。
本物の安全保障の形を模索し、次世代に伝える方法を、千年前から受け継がれるこの巡礼道から模索します。

お話:桃井和馬(写真家、多摩循環型エネルギー協会代表理事、桜美林大学特任教授)
日時:7月2日(土)14:00~16:00
会場:永山ハウス集会室 多摩市諏訪 1-65-1 永山ハウス1F
(京王・小田急永山駅より徒歩3分)
参加費:会員/学生300円 一般500円
申込み:info@tama-enekyo.org

フェイスブックをお使いの方は、以下のページから簡単にお申し込みいただけます。
https://www.facebook.com/events/1063142000427106/

新研究会発足に向けた勉強会のご案内

「(仮称)多摩の未来を拓く2066年(50年後の未来を考える行動計画)」について、総会で活発な意見が交わされました。この研究会は多摩市の50年後の未来を描くことを共に考えようという取り組みです。

『夢のようなこと』『あったら良いなと思うこと』『たぶんあるはずだ』『無理かもしれない』『もしかしたら出来るかも』『大規模震災に負けない』『明るい未来』『・・・・・』などテーマは多様です。まずは未来を考える場が生まれて、ゆっくりと続けていきたいと思っています。是非、参加してください。(言い出しっぺ:秋元孝夫)

★第一回『50年後の多摩の未来を拓く』勉強会開催予定
日時:7月2日(土)12時~13時30分
会場:永山ハウス
(エネカフェは同日同会場で14時から。その前の時間に実施します)

勉強会資料(PDF)

ユウキのハピネス旅(多摩エネ協2016年度新企画)

IMG_2315

5月28日(土)、14時、多摩市内の鶴牧西公園から、盛大な見送りを受けて、本田悠喜くん22歳が多摩エネ協の特派員として日本1周の旅に出発して、はや2週間。
自転車のちょっとしたトラブルが発生したり、優しい人に差し入れをいただいたり、初めての野宿におののいたり・・・(笑)

千葉では、いすみ自然エネルギーの高木繁昌さんの素敵なゲストハウスに宿泊させていただき、歓迎をうけて、次々と紹介された方々を訪問しては、レポートをあげています。毎日更新している「ハピネスに乗ってゆく」を、ぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/I.get.on.the.Happiness/
(当サイト右側メニューに、投稿の一部が表示されています)

「いいね!」や、時にはコメントで応援していただくと本人の励みになるでしょう。これから全国のご当地電力をはじめ、多摩エネ協と縁のある方や地域、本田くんがここは行きたい、と選んだ場所など、これから訪ねていきます。

そして、この旅の経費は、gooddoのポイントで支払われる支援金を当てますので、皆さんもご協力をお願いいたします。
http://gooddo.jp/gd/group/tamaenekyo/
毎日、ぽちっと、「毎日のクリックで応援する」をクリックするだけです♪

年次総会~ハピネス旅出発セレモニーのご報告

IMG_3094
総会終了後の集合写真(小石勝朗さん撮影)

5月28日、多摩エネ協の年次総会が鶴牧西公園内施設・弐の間にて開催されました。子供さん連れの会員さんや、賛助会員と会員以外のオブザーバー参加の方々もいらして、終始和やかに進行しました。

今年度事業計画についての質疑応答では、電動アシスト自転車で日本各地の再エネ拠点などを巡る「ユウキのハピネス旅」と、「多摩の未来を拓く2066年行動計画(仮称)研究会の発足・運営」について、活発な意見が交わされました。後者は、多摩市の50年後の未来を描くことを共に考えようという研究会です。具体的な準備はこれからですが、発足に際しては広く地域の皆様にご案内しますので、関心のある方はぜひ参加をご検討いただければと思います。

この日は、多摩エネ協が事務局を担当している「たまサンサン助成金」の助成対象の1つ、LIFE CAMPINGのイベントが同じ公園内で開催されたこともあり、代表の小室大さんが総会の中であいさつをしてくださいました。また、ハピネス旅の本田悠喜君も、総会終了後にあいさつし、出席者の方々から支援金をいただいていました。

IMG_2309
ハピネス旅に出発する本田君のあいさつ

総会終了後は、出席者のほぼ全員がLIFE CAMPINGイベントに合流して、バーベキューの料理やクラフトビール、コーヒーなどを楽しみました。

1-DSC_6272
ユウキのハピネス旅、出発セレモニーの集合写真。LIFE CAMPING参加者のみなさんと一緒に。(福本慶一郎さん撮影)

午後2時になり、いよいよ「ユウキのハピネス旅」の出発セレモニーです。桃井和馬・多摩エネ協代表からの紹介に続き、抱負を語った本田君。LIFE CAMPINGの参加者の方々にも集まっていただいて、集合写真を撮影しました。そして、大勢に見守られる中、本田君は自転車をこぎ出し、鶴牧西公園を後にしたのでした。

13312850_292715531065408_3023949243944240491_n
本田悠喜君撮影(Facebookページ「ハピネスに乗ってゆく」から)

ユウキのハピネス旅については、今後も随時情報提供していく予定です。自転車の購入費用と同様、この旅もgooddoでのスポンサー企業からの寄付金で応援していきます。引き続きgooddoでのクリックを1日1回、どうぞよろしくお願いします!

gooddoのクリックで多摩エネ協を応援!

多摩で自然エネルギーの普及を目指す市民参加の取り組みです。