8/22開催 多摩市気候非常事態宣言記念オンライン講演会のご案内

822告知最終

※7/22更新:申込受付を開始しました。
→ 多摩市気候非常事態宣言記念オンライン講演会 申し込み

『気候危機への取組みとコロナ禍からのグリーン・リカバリー』

講師:浜中裕徳氏(公益財団法人 地球環境戦略研究機関[IGES]特別研究顧問)

私たちはかつて体験したことのない災害の時代に突入してしまいました。連日の猛暑や豪雨に代表される極端な気象、新たな感染症の脅威は、これまでの人間社会が行なってきたことの結果であり、これからどのような社会に向かっていくのかが、問われています。

2015年のパリ協定の目標「産業革命前からの地球の気温上昇を2℃未満に抑え、1.5℃未満に押さえる努力をする」 というミッションを達成するためのステップとして、パリ協定の下各国が国連に提出した2025年(または2030年)排出削減目標を達成したとしても、今世紀末には世界の気温は3℃上昇してしまうと国連は警告しています。

エネルギーの大消費地である東京で、初の気候非常事態宣言を市議会と共同宣言した多摩市。この宣言を共有し、気候危機対策を進めていくために、地球温暖化問題に30年余にわたって取り組んでこられた浜中裕徳氏にご講演をお願いしました。

この混迷したコロナ禍から、気候変動を抑えながら「より良い回復」に向かうには? そして自治体や私たちは何をするべきか、脱炭素型ライフスタイルとは? などについてわかりやすくお話いただきます。どなたでもふるってご参加ください。

※グリーンリカバリー:コロナ禍で停滞した社会を気候変動を抑えながら、持続可能性をもって回復する。

【日時】2020年8月22日(土)14:00~16:00
【開催方法】 ZOOMによるウェブセミナー(ウェビナー)
【定員】 200名
【参加費】無料

【プログラム】
・阿部裕行多摩市長,藤原まさのり多摩市議会議長よりメッセージ
・浜中裕徳氏講演(前編)
・多摩市環境部地球温暖化対策担当 市ノ瀬聡課長より
「多摩市気候非常事態宣言」について
・浜中裕徳氏講演(後編)
・教育者・若い世代からの発言
棚橋 乾さん
(多摩市立連光寺小学校長・東京都小中学校環境教育研究会長)
高橋 豪哉さん(桜美林大学 リベラルアーツ学群4年)
桝居 奏さん (恵泉女学園大学 人間社会学科4年)

【主催】一般社団法人 多摩循環型エネルギー協会
【後援】多摩市
【協力】恵泉女学園大学多摩市若者会議

【参加申込】
以下のリンク先から必須情報などをご記入の上お申し込みください。
多摩市気候非常事態宣言記念オンライン講演会 申し込み

【申込締切】8月22日(土)10:00 (ただし定員になりしだい締切)

◎浜中裕徳氏プロフィール
環境省地球環境審議官当時に京都議定書とその実施ルールに関する政府間交渉や同議定書を実施するための国家政策の作成に尽力。慶應義塾大学環境情報学部教授、公益財団法人地球環境戦略研究機関理事長などを歴任し現職。一般社団法人イクレイ日本理事長を兼職。

◎多摩市気候非常事態宣言
東京都初の気候非常事態宣言。市と市議会の共同による宣言は全国初。6月25日に署名。
気候非常事態宣言を共同で表明しました(多摩市)

「気候非常事態宣言」多摩市と多摩市議会が共同で表明

「気候非常事態宣言」を多摩市と多摩市議会が共同で表明しました。
気候非常事態宣言を共同で表明しました 多摩市と多摩市議会は地球温暖化対策に取り組みます

6月25日、宣言に阿部市長と藤原議長が署名して記者会見が行われました。以下が全文です。

多摩市気候非常事態宣言

エネルギーの大消費地である東京で、初の気候非常事態宣言となりました。また、市議会と共同で宣言したことの意義は大きく、全国的にも例がないそうです。

私たちもこの宣言を受けて、大きな目標に向けてさらに取り組みを進めていきたいと思います。

【多摩エネ協企画 オンライン講演会を開催します】
8月22日(土)14:00より、「多摩市気候非常事態宣言 記念講演会」を開催する予定です。詳細は後日お知らせいたしますので、どうぞいまからご予定ください。

会報『そらしど vol.7~望の号~』発行しました

多摩エネ協の会報『そらしど』の最新号を5月に制作し、総会案内等と一緒に会員の皆様に郵送しました。

なお、今号より印刷版の発行に合わせ、当サイトでもPDF版を公開することにしましたので、関心のある方はぜひご覧ください。

そらしと゛7_1
『そらしど vol.7~望の号~』(PDF)

【目次】
・桃井和馬の視点
・2019年度活動報告
・電気も地産地消に!
・レポート 気候危機をどう生きる

2020年度総会の報告

Emdmwbuy7IZPJbs1591508509_1591508746

5月30日、多摩エネ協の年次総会を開催しました。新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みが続いている現状を踏まえ、会場の永山ハウス事務所では理事が4名のみ参加、他の理事9名と監事1名、および事前に希望された会員4名がZOOMでリモート参加という形で実施しました(なお、正会員の方々からは事前に議事の委任状を提出していただき、総会開催の要件を満たしております)。

組織の現状としては、2020年3月31日現在の会員数が、正会員67(個人66、団体1)、賛助会員80(個人77、団体3)で、計147名となっています。

議案は昨年度事業報告、決算報告・監査報告、理事・監事の選任、今年度事業計画案、予算案となっており、いずれも承認されました。

意見交換の時間では、主に以下のような意見が出されました。

3月に中止となった浜中裕徳氏(元環境省地球環境審議官、一般社団法人イクレイ日本理事長)の講演について……コロナ収束を待たず、気候変動を実感しやすい猛暑の夏にオンラインで開催する方がよい。参加しやすく、チャットで質問もしやすいので賛成。  遠方在住の会員としては、東京に行かなくても参加できるのがありがたい。(昨年度の連続講座は有料だったが)オンライン講演を実施する際の参加費は無料でいい、有料では限られた人数になってしまうのでもったいない。

たまでんメニューへ切り替えについて……2019年度からたまでんへの電気の切り替えによる仲介料収入が加わった。たまでんメニューへ切り替えるために新規に賛助会員になった人がいる。エネルギーの地産地消はエネ協の活動で具体的で大変意義があると思うので、20年度ももっと宣伝してこの活動を広げていきたい。それが会員増にもつながる。

【その他】
・コロナの時代に改めて多摩エネ協の活動の価値を感じている。

・総会にオンラインで参加し意見交換ができてよかった。少人数でもいいので季節ごとにオンラインで会員間の交流ができるとうれしい。

・収益事業はあっていい。新しい収益事業にチャレンジしていく。

以上、簡単ですが報告とさせていただきます。1年後の次の年次総会には、また皆で元気に顔を合わせられるようになっていることを願っています。

多摩で自然エネルギーの普及を目指す市民参加の取り組みです。