「たまでんの電気を買いませんか」説明会開催します

クリックで拡大
クリックで拡大

日時:9月28日(土) 15:00~16:30
会場:永山ハウス集会室(多摩市諏訪1-65-1 永山駅から徒歩約6分)
参加無料、予約不要。お問い合わせは以下へ。
メール info@tama-enekyo.org
電話 070-5369-0230

小規模・地域分散・ネットワーク型のエネルギー循環型社会を目指し、2012 年に多摩エネ協を立ち上げました。そして多摩エネ協が母体となり多摩電力合同会社(たまでん)を設立、公共施設を中心に 13 か所約 600kW の発電設備を設置し運営しています。

クリックで拡大
クリックで拡大

この地域で生み出した電気を、地域で使えるよう検討を重ねてきましたが、この度エネックス株式会社(本社:東京都東村山市)に多摩電力が発電した電気を全量売電し、エネックスから多摩電力の電気を購入できるシステム「たまでんメニュー」ができました!

さぁ、気持ちのいい「地産地消の電気」に切り替えませんか? 多摩エネ協が仲介をします。

○料金比較例1…30A契約で月の使用電力量が200kWhの場合

クリックで拡大
クリックで拡大

たまでんメニューが東電より月200円安くなります!

○料金比較例2…60A契約で月の使用電力量が350kWhの場合

クリックで拡大
クリックで拡大

たまでんメニューが東電より月505円安くなります!

☆たまでんメニューに切り替えた方々のコメント紹介

八王子市南大沢 Aさん
電力の自由化は知っていましたが、なんとなくそのままになっていたところ、多摩電力という地域の発電を使えることを知って、切り替えました。原発事故を起こした東京電力と縁を切って、気持ちよく電気を使えています。妻も喜んでいます。

多摩市豊ヶ丘 Nさん
手続きが難しいのではと思っていましたが、意外と簡単で、書類の記入など苦手な私でもすぐにできました。8月13日に切り替え完了で地産地消の電気がきていますが、今まで通り普通に使えて安心しています。

多摩市諏訪 Eさん
キモチイイ~!電灯を点けたり、電気製品を使ったりと、生活は今まで通りですが、気分が違います。また、我が家は節電している方だけど、たまでんメニューは少ない使用量でも1キロワット1 円の割引があって、うれしいですね。

多摩市関戸 Kさん
地産地消の電気、待ってました!これを機に多摩エネ協の会員になって電気を切り替えたところです。電線に入ってしまえば、川の流 れと一緒 で、たまでんの電気とはいっても、あくまでみなしだそうですが、気分が違いますね。