カテゴリー別アーカイブ: 参考情報

〈たまでんメニュー〉で電気をご契約の方へ:「電力卸取引価格高騰による電気代への影響はありません」エネックスさんより

主に〈たまでんメニュー〉で電気の契約をされている多摩エネ協会員を対象とした情報提供です。

〈たまでんメニュー〉の契約者の方々に電気を供給しているエネックス株式会社が2月3日、「電力卸取引価格高騰による影響について」と題したお知らせを同社サイトに掲載しました。一部を以下に引用します。

エネックスお知らせ

「各メディア等で報道されております、電力卸取引価格の高騰による影響についてご説明させて頂きます。

弊社の電源構成のうち、約60%は日本卸電力取引所から調達購入、また約30%はFIT電源であり、会社経営としては今般の卸電力取引価格高騰の影響を受けることになりますが、弊社がお客様に供給販売する電力料金に関しては、当該の価格は反映されず、当社のホームページ上で告知している電気料金表と供給約款、或いは高圧電力のお客様に関しては個別で締結している需給契約上の価格以外にご請求することはございません。

従って、弊社電力をご利用のお客様に関しては、今回の電力卸価格高騰の影響は全く関係ございませんので、ご案内申し上げます。」

※注:赤字強調は当サイトによる

全文は以下のリンク先でご覧ください。

ガス・でんきのエネックス 電力卸取引価格高騰による影響について

また、未契約者の方でも、〈たまでんメニュー〉について詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

お得な「たまでんの電気」に切り替えて、エネルギー地産地消に貢献!

クリックで拡大
クリックで拡大

たまでんの電気が買えるようになりました!
(2019年秋より)

小規模・地域分散・ネットワーク型のエネルギー循環型社会を目指し、2012 年に多摩エネ協を立ち上げました。

そして多摩エネ協が母体となり多摩電力合同会社(たまでん)を設立、公共施設を中心に 13 か所約 600kW の発電設備を設置し運営しています。

クリックで拡大
クリックで拡大

この地域で生み出した電気を、地域で使えるよう検討を重ねてきましたが、この度エネックス株式会社(本社:東京都東村山市)に多摩電力が発電した電気を全量売電し、エネックスから多摩電力の電気を購入できるシステム「たまでんメニュー」ができました!

さぁ、気持ちのいい「地産地消の電気」に切り替えませんか? 多摩エネ協が仲介をします。
続きを読む お得な「たまでんの電気」に切り替えて、エネルギー地産地消に貢献!

「気候非常事態宣言」多摩市と多摩市議会が共同で表明

「気候非常事態宣言」を多摩市と多摩市議会が共同で表明しました。
気候非常事態宣言を共同で表明しました 多摩市と多摩市議会は地球温暖化対策に取り組みます

6月25日、宣言に阿部市長と藤原議長が署名して記者会見が行われました。以下が全文です。

多摩市気候非常事態宣言

エネルギーの大消費地である東京で、初の気候非常事態宣言となりました。また、市議会と共同で宣言したことの意義は大きく、全国的にも例がないそうです。

私たちもこの宣言を受けて、大きな目標に向けてさらに取り組みを進めていきたいと思います。

【多摩エネ協企画 オンライン講演会を開催します】
8月22日(土)14:00より、「多摩市気候非常事態宣言 記念講演会」を開催する予定です。詳細は後日お知らせいたしますので、どうぞいまからご予定ください。

【解決済み】多摩エネ協正会員の方におたずね

※5月20日追記:下記の件、ご連絡をいただいて解決しました。ご協力ありがとうございました。

正会員と賛助会員の方々から年会費の払い込みが始まっています。あたたかいご支援に心より感謝申し上げます。

さて、会員以外の方々にもご覧いただいている当サイトで以下をおたずねするのは大変心苦しいのですが、どうかご容赦願います。

5月11日、個人正会員年会費(5000円)を払い込んでくださった方がおられるのですが、「ご依頼人」欄が未記入でした。この記事をご覧の方で、どなたか心当たりがありましたら、電話かメールでご連絡くださいますよう、よろしくお願いいたします。