カテゴリー別アーカイブ: エネカフェ

3月エネカフェ「ソーラーシェアリング事業の取り組みと今後の展開」のご案内

2017march_enecafe_color
クリックで拡大

3月のエネカフェは、長野県上田市を拠点に再生可能エネルギー導入支援事業を展開する(株)ガリレオ代表の合原氏を講師にお招きし、地域NPOや大学と協力して実施した太陽光発電プロジェクトなどの取り組みや、新たな事業の柱として注力するソーラーシェアリングについてお話しいただく予定です。
第2部のトークセッションでは、多摩地域で市民発電所などの再エネ普及活動に取り組むまちだ自然エネルギー協議会、一般社団法人八王子協同エネルギーの方々も交え、多摩地域でのソーラーシェアリングの可能性を合原氏と検討していただきます。
終了後は懇親会も予定しています。
ふるってご参加ください。

ソーラーシェアリング事業の取り組みと今後の展開
─多摩地域での普及可能性を探る─

講師:株式会社ガリレオ 代表取締役 合原亮一氏

日 時:3月5日(日)
14:00~16:00(開場13:40)
16:00~ 懇親会
会 場:コンティ多摩センター セミナールーム
多摩市鶴牧1丁目26-3 NTT多摩ビル内
(多摩センター駅から徒歩7分)
参加費: 500円(資料代)
※終了後、懇親会も同施設内にて実施
会費3,500円 → 3,000円
申込み:info@tama-enekyo.org
070ー5369ー0230
受付締切:2/26(日)
☆Facebookユーザーの方は、以下のイベントページから簡単にお申し込みいただけます。
3月エネカフェ
https://www.facebook.com/events/726877970794896
終了後の懇親会
https://www.facebook.com/events/1853970261543010/

合原亮一さん
広島県出身。東大法学部を卒業後、川崎重工業に就職。同社の米国法人に勤務後、休職してニューハンプシャー州立大学大学院に私費留学し、関心のあった食料、環境問題を研究。「研究した内容を実証し、安全なものを子どもに食べさせたい」と退職し、平成8年米国から家族で上田に移住して有機農業にも取り組む。代表取締役を務める(株)ガリレオは、基幹事業の翻訳・コンテンツ作成の協業システム開発に加え、3.11後は再エネ導入支援事業も手がける。

※ソーラーシェアリング…作物を育てている田畑の上に太陽光発電システムを設置し、農業と発電事業を同時に行うこと。

主催:一般社団法人多摩循環型エネルギー協会
協力:株式会社ガリレオ、まちだ自然エネルギー協議会、一般社団法人八王子協同エネルギー

1月エネカフェ「謹賀新年 古民家で餅つきしよう!」のご案内

今年も残り2週間となりました。
少し早いですが、どうぞ良いお年をお迎えください。
新年は、しばらくお休みしていたエネカフェを再開し、餅つきで交流します。

18世紀後半に建てられた古民家で、囲炉裏やカマドを体験しながら、木臼で餅をつき、囲炉裏で鮭やホタテを焼いて食べましょう。奮ってご参加ください。

ホタテの殻は2月に実施されるサンチャゴ巡礼に持参されます。
https://www.facebook.com/santiago.obirin.2016/
(世界遺産「サンチャゴ巡礼道」を歩く)

日時:1月22日(日) 9:30~14:30
場所:一本杉公園内 旧加藤家(多摩市南野2-13)
多摩センター駅から豊ヶ丘4丁目行きバス
永山駅、聖蹟桜ヶ丘駅から多摩センター駅行きバスで恵泉女学園大学入口下車、徒歩10分(駐車場有)
http://www.city.tama.lg.jp/shisetsu/17997/015119.html
参加費:実費(500円~1000円
申込み:info@tama-enekyo.org 、070-5369-0230

以下は昨年12月に実施した餅つきの写真です。

%e9%a4%851

%e9%a4%853

%e9%a4%852

10月エネカフェ「太陽パネルを集合住宅につけるには?」勉強会

10月のエネカフェは「2066勉強会」との合同企画で、「太陽パネルを集合住宅につけるには?」と題した勉強会を開催します。ゲスト講師は、環境エネルギージャーナリストの本橋恵一氏と、太陽光パネル敷設工事の実際を熟知する株式会社コスモウエーブ代表の今井雅晴氏のお二方。

多摩ニュータウンに多くある集合住宅の屋根(潜在的発電場所)に太陽光パネルを設置し、住人の方々がクリーンな電力を使い(最上階の人には夏涼しい)快適な生活を送ってもらうために必要な知識や問題点を学びます。

日時:10月15日(土) 13:30~16:00
場所:永山ハウス集会室(多摩市諏訪1-65-1)
講師:

本橋恵一氏(環境エネルギージャーナリスト

    「分散型エネルギー新聞」編集委員、月刊「エネルギーフォーラム」編集部に在籍、温暖化問題をはじめとする環境問題や原子力などのエネルギー問題を取材。2004年よりフリーランスに。著書多数。

今井雅晴氏 株式会社コスモウエーブ代表

    八王子市を拠点に、太陽光パネル敷設工事の実績多数。ベランダ太陽光発電セット「オヒサマデンチ」、電動アシスト自転車「ハピネス君」など、オリジナル商品の開発・販売も手がける。

参加費:500円
連絡先:070-6562-1029
※会場の関係で、参加される方はできるだけお申し込みください。

フェイスブックをお使いの方は、以下のイベントページから簡単にお申し込みいただけます。
https://www.facebook.com/events/1811084012454306/

8月エネカフェ&「多摩の未来を拓く2066」勉強会のご案内

★8月エネカフェのご案内
 「市民発電所メンテナンス体験&暑気払い交流会」

 多摩電力合同会社が設置した13か所の市民発電所のうち、
 聖ヶ丘中学校の屋上の太陽光パネル(49.5kW)のメンテ
 ナンスに行きます。
 レクチャーを聞いてから、草取りやパネルの掃除をしますので、
 動きやすい格好でご参加ください。
 屋上は見晴らし抜群!
 1時間程度汗をかいたあとは、暑気払い交流会をしましょう。
 (小山商店から冷え冷えの生ビールのサーバーが届きます^^)
 
 8月23日(火)
 14:30 京王永山駅改札前出発(徒歩15分)
 15:00~16:00 聖ヶ丘中学にて保守点検作業
 16:30~18:00 暑気払い交流会(永山ハウスにて)

 参加申し込み:8月20日までに、info@tama-enekyo.org
 070-5369-0230
 ※暑気払い交流会のみの参加もOK 
 ※前の時間(12:30~14:00)には、2066勉強会が
  あります。そこから参加の方は、そのまま永山ハウスから出発。

★「(仮称)多摩の未来を拓く2066(50年後の未来を考える行動計画)」
  第2回勉強会のご案内

 2016年年7月2日、12人の未来を拓く武者どもが集いました。
熱い熱い議論が止めど無く続く会場は、未来に向けた思いが湧き
出るように語られ、心のなかに蓄えられていたことを知りました。
もっと未来を語らなければ、もっと蓄えた想いを伝えなければ
という気持ちが、1時間30分という限られた時を瞬く間に過ぎ去って
行きました。まだまだ時間が不足していました。
だから次回も思いの丈を語っていただく場にしたいと思います。
いやいや、何度か繰り返さなければ50年後を拓く緒も掴めないかも
しれません。
「都市や住まいの未来」「未来の社会や経済」「コミュニティの未来」
「エネルギーの未来」など多様な未来を語ることで、「多摩の未来を
拓く」ことができます。もっと語りましょう。
(言い出しっぺ:秋元孝夫)

 ☆第2回『50年後の多摩の未来を拓く』勉強会開催予定
  8月23日12時30分から14時00分
  (エネカフェは14時30分から。その前の時間です)
  会場:永山ハウス