カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

2017年度総会・5月エネカフェ報告

5月20日(土)、多摩エネ協の年次総会と5月エネカフェが無事終了しました。

活動への提案などがたくさん出されて充実した総会のあと、聖ヶ丘小へ。
雲一つない空の下、200枚のパネルの清掃をしました。
同時に、多摩電力とたまエンパワーによる遠隔装置の確認や比較実証のための清掃作業も行われました。
汚れを落としてピカピカになったパネルをご覧ください。
汗を拭きふき頑張った甲斐がありました。

作業終了後は、多摩永山情報教育センター内で懇親会。
外で汗を流し体を動かしたあとのお酒とお料理、最高でした。

Facebookの多摩エネ協ページに掲載された写真から、一部を転載します。
5-18620766_660487807472313_2456182322530767539_o1-18558791_660489084138852_7039004155922878256_o2-18556617_660489350805492_8199293328855621559_o3-18558610_660490284138732_4139384529271238796_o6-18558888_660488010805626_3723472125040809954_o4-18595327_660490927472001_911219635332863082_o

3月エネカフェ報告

3月5日、「ソーラーシェアリング事業の取り組みと今後の展開 ─多摩地域での普及可能性を探る─」と題して恒例のエネカフェを開催しました。講師の合原さんは、6年前の東日本大震災と福島原発事故をきっかけに、自然エネルギー普及に取り組むようになったひとりです。

後半のトークセッションでは、まちだ自然エネルギー協議会の入澤滋さん、八王子協同エネルギーの田中拓哉さんも登壇し、多摩地域の都市型農業におけるソーラーシェアリング導入の可能性を検討していただきました。

多摩エネ協はこれからも、3.11を忘れずに地域の自然エネ普及と循環型社会の実現に向けて地道に活動していきます。

1-IMG_7161

2-IMG_7174

5-IMG_7208

8-IMG_7227

多摩エネ協のフェイスブックページにはさらに多くの写真を掲載しています。こちらもどうぞご覧ください。

「ユウキのハピネス旅」終了のお知らせ

多摩エネ協は、昨年5月、桜美林大学を卒業(2015年度)したばかりの本田悠喜君を「特派ライター」として日本一周の旅に送り出しました。本田君が、次の挑戦を模索していた若者だったからです。

私たちエネ協には、インターネット応援サイト「gooddo」に参加し、1年間皆様がクリックし続けた結果購入した電動アシスト自転車「ハピネス号」がありました。次の挑戦を模索する本田君。そして購入したばかりの「ハピネス号」。

その二つを合体させることで、「ユウキのハピネス旅」がスタートしたのです。
続きを読む 「ユウキのハピネス旅」終了のお知らせ