多摩エネ協主催・多摩市50周年記念セミナーのご案内

11.6告知用多摩エネ協は11月6日、多摩市市制施行50周年記念の市民企画事業として、下記のトークイベントを主催します。基調講演の講師は、話題の新刊『日本のSDGs それってほんとにサステナブル?』の著者、高橋真樹さん。参加は無料で、学生さん限定の特典もあります。ふるってご参加ください(下に申込フォームへのリンクがあります)。

多摩市市制施行50周年記念 SDGsセミナー&セッション
「50年後も持続可能な多摩市のために、私たちがいま始めること」
日時:11月6日(土)13時30分~16時(開場13時)
会場:恵泉女学園大学 J202教室
※1 多摩センター駅から大学の送迎バスが利用できます。
※2 コロナの状況によりオンライン開催に変更する可能性があります。
主なトピック:SDGs、気候変動対策、まちづくり、地域連携

進行概要:
開会あいさつ
大日向雅美・恵泉女学園大学学長
—-
第1部 基調講演 高橋真樹さん(『日本のSDGs それってほんとにサステナブル?』著者)
阿部裕行・多摩市長からのメッセージ
–休憩–
第2部 パネルディスカッション
【パネリスト】
・高橋真樹さん
・阿部裕行市長
・高橋清貴教授(恵泉女学園大学 人間社会学部 国際協力論、平和構築論、社会人類学)
・レイエス・クリスティーナさん(恵泉女学園大学 人間社会学部国際社会学科 3年)
・山川満喜さん(東京都立三鷹中等教育学校 1年)
・高森郁哉(多摩エネ協理事、兼進行)
—-
閉会あいさつ

【講師紹介】
高橋真樹さん:ノンフィクションライター。放送大学非常勤講師。「イスラエル・パレスチナ平和への架け橋」で平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞。ほかの著書に「そこが知りたい電力自由化」など。

参加費:無料
定員:100人(申し込み予約制、先着順)

【学生参加者限定の特典】
イベントに参加する学生の方々(申込先着25名)に、高橋真樹さんの著書『日本のSDGs それってほんとにサステナブル?』を無料で進呈します。以下の参加申込フォームに入力する際、著書プレゼント希望の項目に必要事項を記入してください。
※当イベントは、著者の高橋さんと出版社の大月書店による「『日本のSDGs』1000冊寄贈プロジェクト」に採択されて実施する企画の第1弾です。第2弾として、12月18日の「ソーラー台帳プロジェクト」報告会を予定しています。

参加申込フォーム→https://forms.gle/1TNF7JVsowM1RBP78
問い合わせ先::info@tama-enekyo.org

主催:一般社団法人 多摩循環型エネルギー協会
協力:恵泉女学園大学
協賛:多摩電力合同会社

参考リンク:
「日本のSDGs」1000冊寄贈プロジェクトが始動しました(高橋真樹さんブログ)