カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

多摩エネ協・恵泉大の「ソーラー台帳プロジェクト」、多摩市から表彰

507A5223集合s

多摩エネ協は2021年6月、「地球環境ソーラー台帳プロジェクト」を開始し、恵泉女学園大学の学生と協力して市内の太陽光パネル設置状況の調査を行いました。オンライン地図の航空写真データから、対象地域の住宅屋根に設置されたソーラーパネルの台帳を作成し、太陽光発電の発電能力の合計を推計しようというものです。

この調査結果を多摩市の環境政策へ活用してほしいとして、多摩市環境部にデータを提供したところ、10月5日、「市の環境行政に大きな貢献を行った」として、阿部裕行市長から「環境感謝状」が授与されました。
続きを読む 多摩エネ協・恵泉大の「ソーラー台帳プロジェクト」、多摩市から表彰

消費者団体交流会セミナー 参加報告

Zoom画面の様子
Zoom画面の様子

7月12日(月)、地球温暖化対策をテーマにしたオンラインセミナー『「地球温暖化対策まったなし!」~これから私たちはどうすればよいか~』が開催されました。

取り組み報告の部では、多摩エネ協理事の高森郁哉が「多摩地域の循環型社会が温暖化抑制に貢献できること」の題で発表しました。当日使用した資料のPDF版を以下のリンク先でご覧いただけます。

takamori「多摩地域の循環型社会が温暖化抑制に貢献できること」発表資料(PDF)

 

 

 

9/6更新:主催の東京消費者団体連絡センターが、ホームページに開催報告を掲載しました。

「地球環境プロジェクト」開始のご報告

多摩エネ協はこのほど、『地球環境プロジェクト 多摩SDGs ~みんなでソーラー台帳づくり~』を企画し、当協会と恵泉女学園大学の学生6人で作業を開始しました。オンライン地図の航空写真データから、対象地域の住宅屋根に設置されたソーラーパネルの台帳を作成し、太陽光発電の発電能力の合計を推計しようというものです。

クリックで拡大
クリックで拡大

作業は、プロジェクトのメンバーそれぞれが自宅で、パソコンで行います。各自の成果を持ち寄ることで、市民発の取り組みではおそらく日本初と思われる「ソーラー台帳」の完成を目指します。
続きを読む 「地球環境プロジェクト」開始のご報告

活動報告:多摩市気候非常事態宣言記念シンポジウム

IMG_7338「2050年CO2排出実質ゼロに向けて さぁ私たちは何をする?!」

この企画は、今年6月に多摩市と多摩市議会が共同で多摩市気候非常事態宣言をしたことを広く知らせ、この宣言に盛り込まれた、地球温暖化対策、資源の有効活用、使い捨てプラスチックの削減、生物多様性、水と緑の保全について、それぞれの担当課から取り組みの現状や課題、今後について報告していただき、参加者と共に考える趣旨で開催したものです。

また市議会からは、この宣言に至るまでをお話ししていただきました。

環境部の全課からの報告をまとまって聞く機会が持てたことで、参加者からは多くの要望が出され、宣言を前に進めるための市民参加の第一歩となりました。

登壇者(発表順):
・地球温暖化対策担当課長 市ノ瀬聡さん
・ごみ対策課課長 薄井誠嗣さん
・環境部部長 鈴木隆史さん
(環境政策課課長 佐藤彰洋さんご欠席のため代行)
・公園緑地課課長 長谷川哲哉さん
・多摩市議会生活環境常任委員会委員長 岩永ひさかさん

IMG_7346

IMG_7349

IMG_7350