カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

でんきの切り替え説明会を開催しました(キャッシュバック特典の追加情報あり)

3月19日、『地元で作ったでんき「たまでんメニュー」へ でんきの切り替え説明会』をオンライン(ZOOMミーティング)で開催しました。

報告を兼ねて、ここで当日の録画のうち、以下の部分をYouTube上で公開しました。

Part1. エネックスの取り組み エネックス(株) 代表取締役 榎本弘容さん
part2. 「たまでんメニュー」の説明 エネックス(株) 再エネ事業部リーダー 高木浩太郎さん(4分40秒頃から)

なお、説明会中に案内している2,000円のキャッシュバックキャンペーンは、2022年3月31日までのお申し込みが対象になります。(この説明会動画をご覧いただいてからのお申し込みも対象になります)

エネックス株式会社
(エネックスのサイト内)でんきのお申し込みフォーム

また、説明会で使用された資料も、エネックスさんより提供されたPDF版を以下からダウンロードできます。
2022.03.19たまでんWEB説明会用.pdf

たまでんメニューの料金表はこちら

「ソーラー台帳報告会」開催しました

DSC_0117
クリックで拡大

2021年12月18日、多摩エネ協は永山公民館にて、「多摩市消費生活フォーラム&エコ・フェスタ2021」内の自主企画イベントとして「多摩の青空からエネルギー! ソーラー台帳報告会」を開催しました。多摩エネ協の秋元孝夫理事、恵泉女学園大学の松本千佳さん、多摩市環境部環境政策課地球温暖化対策担当課長の市ノ瀬聡さんが登壇し、講師・スタッフを含め30名が参加しました。

当協会の秋元理事は、多摩市内の建物の屋根における太陽エネルギー状況調査の概要と結果について発表。それによると、太陽光パネルは1120棟7,275kW相当、太陽熱温水器は118棟637枚が確認されました。太陽光発電の可能性について東京都の調査、多摩市の情報などと比較し、「多摩ニュータウン」地域の再生可能エネルギーの可能性について言及しました。

DSC_0122
クリックで拡大

恵泉大の松本さんは、調査に協力した意義や成果について報告し、学生が関わることの重要性なども語ってくれました。

多摩市環境部の市ノ瀬課長は、温暖化対策を中心に多摩市の環境政策について概説しました。清掃工場の市への売電についても言及し、2022年4月より公共施設の電気は100%再エネになる予定とのこと。

DSC_0128
クリックで拡大

また、多摩エネ協と恵泉大学生が共同で行ったソーラー台帳プロジェクトについては、「市が把握している約4.4倍、出力7,275kW分の太陽光パネルの存在が確認され、市の補助制度を利用していない家庭や企業の屋根にも、合わせるとメガソーラー級の太陽光パネルが搭載されていることが分かった」と評価しました(参考:多摩市HP 環境表彰 地球環境ソーラー台帳プロジェクトに対して)。

なお、多摩エネ協のFacebookページにも、当日の写真を多く掲載しました。よろしければご覧ください。

SDGsセミナー&セッション、盛会でした

【11/12更新】写真を追加しました。

11月6日、多摩市市制施行50周年記念 SDGsセミナー&セッション「50年後も持続可能な多摩市のために、私たちがいま始めること」を開催し、大勢の方々にご参加いただきました。週末の貴重なお時間を割いてお集まりいただいたこと、心より感謝申し上げます。

以下は当日会場での写真です。

基調講演を行ったライターの高橋真樹さん
基調講演を行ったライターの高橋真樹さん(クリックで拡大・以下同)
大日向雅美・恵泉女学園大学学長
大日向雅美・恵泉女学園大学学長
阿部裕行・多摩市長
阿部裕行・多摩市長
桃井和馬・多摩エネ協代表
桃井和馬・多摩エネ協代表
第2部パネルディスカッション
第2部パネルディスカッション

11-6event-4

(左から)高森理事、高橋真樹さん、阿部市長、山川満喜さん(東京都立三鷹中等教育学校 1年)、レイエス クリスティーナさん(恵泉女学園大学3年)、高橋清貴・恵泉大教授
(左から)高森理事、高橋真樹さん、阿部市長、山川満喜さん(東京都立三鷹中等教育学校 1年)、レイエス クリスティーナさん(恵泉女学園大学3年)、高橋清貴・恵泉大教授

多摩エネ協のFacebookページにはさらにたくさんの写真を投稿しています。よろしければご覧ください。
https://www.facebook.com/tamaenekyo/posts/1786340308220385

また、会の冒頭で当協会の高森理事が使用したプレゼン資料のPDF版を共有します。以下のリンクをクリックしてブラウザ上でご覧いただくか、右クリックでダウンロードしてご利用ください。

多摩エネ協 高森理事 プレゼンPDF

多摩エネ協・恵泉大の「ソーラー台帳プロジェクト」、多摩市から表彰

507A5223集合s

多摩エネ協は2021年6月、「地球環境ソーラー台帳プロジェクト」を開始し、恵泉女学園大学の学生と協力して市内の太陽光パネル設置状況の調査を行いました。オンライン地図の航空写真データから、対象地域の住宅屋根に設置されたソーラーパネルの台帳を作成し、太陽光発電の発電能力の合計を推計しようというものです。

この調査結果を多摩市の環境政策へ活用してほしいとして、多摩市環境部にデータを提供したところ、10月5日、「市の環境行政に大きな貢献を行った」として、阿部裕行市長から「環境感謝状」が授与されました。
続きを読む 多摩エネ協・恵泉大の「ソーラー台帳プロジェクト」、多摩市から表彰